蛸とパプリカ、オレンジのセビーチェ

Ceviche with octopus and paprika

 



セビーチェとは、南米で食べられるマリネみたいなもの。
ライムやスパイスを効かせるから、暑い夏にぴったりの前菜。
パプリカは、ガスコンロで表面を真っ黒にして皮を取ると、とっても甘くておすすめです。

<材料 3人分>
ドレッシング用のソース
・オリーブ油  大さじ2
・白ワインビネガーもしくはリンゴ酢 大さじ1
・ライムジュース 大さじ2
・砂糖 小さじ 1 1/2
・塩 小さじ1/2
・レッドチリパウダーもしくはハバネロソース お好みの量
・白胡椒 小さじ1/2
・ナンプラー 小さじ 1

・蛸の足 – 150g  (生の場合、丸ごと3,4分茹でておく)
・オレンジ 2/3個  (表面の皮を包丁でむいて、縦8等分にスライスしておく)
・きゅうり  2/3本(皮を軽くむいて、一口サイズにぶつ切りにする)
・赤パプリカ 1個
・ミント 適量
・ピスタチオ 適量 (もしあれば)

これくらいになるまで、焦がしてください



1. 茹でた蛸は、水気をよくとって、ひとくちサイズにぶつ切りにしておく。
パプリカは、鉄などの串にさして、ガス火で真っ黒になるまで表面を焼き、冷水につけて
皮をとり、種を取り除き、食べやすい大きさに切っておく。ピスタチオは、殻をとる。

2. ソースは全てをよく混ぜておく。
ボウルに、蛸、パプリカ、きゅうり、オレンジ、ミント、ピスタチオを入れて、ドレッシング用
ソースをかけて、軽く混ぜ合わせたら、冷蔵庫で30分〜1時間マリネしておく。

3. 冷やしたセビーチェを味見して、塩気が足りなければ塩を足す。
器に盛り付けて、パプリカパウダーを散らして出来上がり。