大阪のおばちゃんコミュニケーション学

Communication ability of "Obachan" middle aged women in Osaka

生まれた街を離れて、東京に来て、ひとつ良かったなと思うことがあります。
それは、自分が生まれた場所の良さに30歳をすぎて、気づくことができたということです。

離れなければわからない、感じ得ない、というのは皮肉な話ではあるけれど
家族も場所も、もしかしたら好きな人も、離れてみてそのありがたみがわかるというのはよくある話ですよね。

今回は難波という場所で、1年ぶりに大阪の催事をさせて頂いたのですが
もともと兵庫県出身の自分にとっては「ど真ん中の大阪」というのは初めてで、本当にたのしい経験がたくさんありました。
とくに、50歳をすぎたあたりの、「大阪のおばちゃん」にはコミュニケーション学からみても、
たくさん真似したいところがあります。

「あめちゃん」をくれる
リラックス効果のある甘いものを共有することで、相手と瞬間的に距離を縮める。

ボディータッチが多い
男女関係なく、「同感」や「照れ隠し」として 少し痛いくらいに相手をはたく。いやな相手だと単なるハラスメントだが、大阪のおばちゃんは相手に嫌な思いをさせる暇を持たせない、瞬間芸。すばやく手早く、相手との仲を縮めていく。

すべてを笑いに変える
人が死んでも、自分に辛いことがあっても、最後は笑いに昇華させる。
話している相手に後味を悪くさせない、高度なテクニック。
今いくよさんが亡くなったという話をしていたおばちゃんは「くるよちゃん、どやさ!なんて言ってられへんやん。はっはっは。」と笑いに変えていました。

おしゃべりである
言えることは全部言ってみる。お得情報から人生の教訓、失敗談まで、笑いとボディランゲージ、効果音を交えて伝えるため、リアリティがあり納得感が生まれる。

おせっかいである
相手の事情にかかわらず、困ってそうな人がいると、とりあえず話かけてみる。
分からない場合は、周囲にいる仲間を呼び全ての人を巻き込んで解決をこころみる。
自然とチームワークが生まれ、困っている人は解決しなくても、解決したような気持ちにつつまれる。

さすが商売の街、大阪。高レベルなコミュニケーター、ネゴシエーターが多いことは間違いないです。
おばちゃんの検証は、今後も続けていきたいと思います。

 

IMG_8553

「こっちが知らんがな」とツッコませる仕掛けのナニワネーミング。



 

 

 

 

 

 

 

IMG_8588

販売が終わって、通天閣へ繰り出すethicaloopメンバー。



 

 

 

 

 

 

 

わてら陽気な関西兄弟(兵庫県民)



 

 

 

 

 

 
Communication ability of “Obachan” (middle aged women) in Osaka

There’s one thing that have I realized after leaving my home town in Kansai area and being independent living in Tokyo……..how good my home town is!

I had a pop up shop at Osaka Takashimaya recently. It was my first time to work in center of Osaka. I could meet really charming people and have some amazingly funny experiences.
Especially, I was very impressed by “Obachan” which means middle aged women in Osaka, their communication skill and power.
I would like to introduce some examples how they communicate with people and how it should be useful for people who has difficulty in human relationships, how we can learn from them.

Carry sweets and give it to others
They naturally share sweetness (relaxing effects) and can shorten the mental/ emotional distance with the person they want to communicate with in a second.

Body touches without any intentions
They pat/slap the person whom they are talking to as a expression of “ Agreement” or “ Hiding their embarrassment “ especially while they are laughing.
If you do this with the person who doesn’t like you it’s a harassment but they do this instantaneously so the person won’t have time to think if she/he like it or not. It’s a kind of performing art, but it is done with genuine emotion.

Every subject goes to laughter
Even when someone has passed away or they have serious trouble, they have an ability to change sad subjects to funny stories in the end. It doesn’t make the person sad after listening to their stories. Very high communication technique.

Talk like a machine gun
They tell you everything that they want to tell. No stress.
From supermarket sales information to the teachings of their life (like Confucius), they tell you with precise body language and sound so it makes the story more realistic and persuading and not boring.

Curiosity and concern for others
When they find someone seems to be in trouble, they approach that person and talk to them. Once they find that they can not solve that trouble or over their capacity, they try to call anybody that they know and involve them to solve that problem together. With this style, they can naturally create a team work, the person feel satisfied even if the trouble couldn’t have been solved.

There’s no doubt that there are high skilled communicator/negotiator in Osaka. I try to keep on research about their communication study! 🙂

エシカルは高くて買えない

Ethical is too expensive for shopping.

5月が終わろうとしています。

エシカルファッションカレッジ、ヒカリエ “Ethical days”、伊勢丹新宿 “Ethical now”
横浜そごう “What’s Ethical?”、恵比寿三越 ethicaloop …

ほんとうにたくさんの場所でたくさんの方々に出会えて幸せな1ヶ月でした。
そしてなにより、若い世代の方から「エシカルに興味があります!」「エシカルブランドってどうやったら立ち上げられますか」「エシカルに貢献するにはなにをしたらいいですか?」という声をいただいて、時代は変わりつつあるな、と感じました。それも、その言葉が、すべて女性からだったことがおどろきです。笑

若い世代、とくに学生さんには、お金に余裕がない方が多いと思います。
自分もそうでした。大学時代、アルバイト代の中で服も買いたいしコスメも買いたい。フェアトレード?エシカル?いいけど、通常のものより高いじゃない。買えないなあ。そう思っていましたし、実際買えずじまいでした。

阪急電鉄を創設した「小林一三」というひとがいました。
阪急梅田百貨店をつくったとき、最上階に当時ではモダンで高級な食堂を作りました。ライスカレーとか、ハンバーグとか、あったのでしょう。あるとき、貧しい若者が食堂に駆けつけて、お金がないので、ライスだけ注文したそうです。それを見た食堂のスタッフはお断りしようとしたのですが小林一三さんは「ああいう若者が、いつか自分で一生懸命はたらいて、お金を貯めて、きっと戻ってきてくれるから、大切にしなさい」といったそうです。

たまに「エシカルは高いから買えない」という話を若い方からききます。自分も「買いたいけど、ちょっとキツイ」。そんなときがあります。買えないなら買えない、それでもぜんぜんいい、と思っています。(売れなくていいわけではなく、そこはまた考えなくてはならない別問題)
いつか経済的に余裕ができたとき、もしくは特別な日に、思い出してくれたらいいのだと思います。「買いたいのに買えない」その思いは「買えるから買える」より断然つよいとおもうのです。ビジネス的に言うなれば、これこそがサステイナブルな戦略です。

最近、3人の学生さんが販売に来てくれてそのうちの1人が誕生日だから、VEGANIEのポーチをどうしてもプレゼントしたい、といってくれました。最高の1日をプレゼントしてくれたのは、彼女たちでした。

IMG_8126

駆けつけてくださった、People treeの鈴木史さん



 

 

IMG_8299

横浜そごう”What’s ethical?”ご担当のスタッフの皆さま



 

 

 

 

 

 

 

May is flying away soon,I would like to say Thank you again to all of you for visiting VEGANIE at Ethical fashion college, Isetan Shinjyuku, Hikarie, Yokohama SOGO so on.

I met hundreds of people in this month, I was really glad to hear that many young people/students asked me “ How can I start ethical business?” “How can I contribute myself to make this society better.” – surprisingly, all of them were women. Some of young people asked me, “ I can’t afford to buy ethical things. Because they are too expensive. What can I do? ”. I can say that, even I was thinking in same way when I was university student. ”I know that ethical is good but I can’t reduce my budget for food instead of buying ethical life style. No way!”.

There used to be a founder of Hankyu Railway, his name was Ichizo Kobayashi. He produced a very modern and high-end restaurant of his day on the highest floor of Hankyu department store.
One day, a young man visited this restaurant and ordered only “White rice” as he didn’t have enough money for main dishes. Staff of restaurant just tried to get him out of restaurant but Ichizo Kobayashi advised the staff, “One day, when he earned the money after working hard, he might come back here again. Please welcome him as same as usual guests.”

This story is just a example but I feel in same way. I really think that is not a big deal if you can not afford to buy ethical things now, at least you have the awareness and consiuosness to want to choose ethically made produce. Once you earn by yourself in the future or if any chance on someone’s special day, just remember to choose ethical things as your choice. I want to believe that “ I wanna buy but I can’t.“ is much stronger conscious than “I will buy because I can buy.”.

Recently, 3 students came to our sales and said to me that they wanted to pool resources and buy a present for one girl as it was her birthday.They gave me the biggest present by their consideration and special action.

巨匠から巨匠へ 本藍型染め職人

Master to Master - Artisan of indigo stencil dyeing in Japan

インド、カルカッタから、お世話になっているダルシャンさんとモニカさんが来日。

ダルシャンさんは、カルカッタにいながらグジャラート気質の敏腕女性社長。なにかと判断がはやく、
挨拶にいくと、「土曜日、本藍型染めの巨匠に会いにいくから、Chiakiも来なさい!わかった?」と言われ、
ラッキーなことに、いっしょに付いていけることになりました。

埼玉、川口。はじめて降り立ったこの地は、東京に近いため、江戸時代からものづくりが盛んな街だったそう。
駅から20分ほど車にのって、辿り着いたのは、看板もない日本家屋。
「最後の本藍中形型染め師」といわれる田中昭夫さんが住む家(工房)でした。

話をたくさん聞くと、3,40年前から雑誌に掲載され「この江戸の伝統技術がのこっているのは奇跡」といわれた田中さん。
ということは今は・・・動物ならば、天然記念物指定です。
型抜きからすべて、自分の手でおこない、重さ30kg以上になる長板を背おい、40年にわたり、おごらず、
ただひたすら職人として最高の本藍型染めを生み出してきました。

IMG_7984

 

 

 

 

 

 

型紙に抜かれたデザインの説明をする田中さん

そんな田中さんですが、もう去年に最後の展示会を終えたばかり。
引退をされるのを決意されたそうです。
日本でほんとうにほんとの、最後のともしびが、今まさに消えようとしている、、、
その場に自分がいて、なんにもできないことに、くやしさを感じました。

IMG_7985

 

 

 

 

 

 

田中昭夫さんの作品 こんなにくっきりとした本藍は貴重

伝統というのは、職人の努力と周り(パトロン)の存在がいなければいとも簡単に1代で消えていきます。
じぶんたちが当たり前にあるとおもっている、歌舞伎や文楽、落語もじつはそんなんだと思います。
「いいね!」だけでは、とてもやっていけない、歌舞伎や落語は、見に来てほしいし、本藍型染めは着てほしい。
国もきちんと、職人や芸人のモチベーションを刺激するくらいの、具体的な応援をする必要があるんじゃないでしょうか。

できることから、伝統を消費し、その良さをまわりに伝えたいですよね。

つぎにつづきます ^^

Recently, one of my most respected female entreprenuers, director of Weaver’s studio in Kolkata has visited Japan.
She is an expert of weaving, textiles in Asia and kindly took me to the place called Kawaguchi in Saitama,
where an artisan of genuine indigo stencil dyeing works.
The artisan’s name is Akio Tanaka. He has been devoting all his life to Genuine indigo stencil dyeing
over 40 years. Cutting stencil, carrying,soaking fabric, every single work has done by himself.
Without doubt, he deserves to be called a national treasure.

However, he just finished his last exhibition. It means he will retire very soon.
When I hear this, I could’t help feeling regrettable that I couldn’t do anything to support his situation.

I believe, even Kabuki, Rakugo, bunraku can not survive without performer’s efforts and supports from Patron.
We have to go to watch Kabuki, we have to wear traditional genuine-indigo kimono and belt.
The only thing that I can do is- consuming tradition more and share its interest and beauty with my friends mouth to mouth.

Next master is in next blog!

子どもの声は「騒音」なの?

Do you regard children’s voices “noise” ?

この間新聞を読んでいたら、びっくりするような記事がありました。

「騒音規制が改正されれば、子供たちは初めて大声を出せる」

という見出し。どういうことなんだろう?とよく読んでいったら、現在の東京の条例では、
子どもの声は工事や車の音と同じ「騒音」扱いで、規制があるのだそうです。
子どもの声が原因で裁判になったり、保育所での子どもの活動時間に制限がもたれたりしていたそう。
また騒音のせいで、不動産の価値が下がるとか。その規制から「子ども」を外す方向で都議 が動いているとのこと。

えっ!ちょっとまって。今まで子どもって「騒音」だったの?
空いた口がふさがりませんでした。

そんな都市で、どうやって子どもを増やしていくというのでしょう。
少子化も国が本気で取り掛からないと、
100年後には日本人が「絶滅危惧種」になってしまうかもしれないというのに。

一回、みんなインドに行けばいいんだ!笑

インドから東京に戻ってきた友人は、電車に乗るなり
「今日はどこかでお葬式があったの?」と言っていました。
それくらい、静かということなんですね。
うちに泊まった友人は、「静かすぎて寝れない」とグチをこぼしていました。
まあ、それは極端な例として・・・

私の部屋からは、近くの保育園の子どもたちが屋上でキャッキャっと
遊んでいる声がしますが、それがきこえるたびに、ホッとします。

「子どもの声が規制される条例」は冗談みたいな話ですが、
日本の少子化は冗談では片づけられない、待ったなしの状態です。

IMG_7605

 

 

 

 

 

 

 

 












インド、デリー郊外の子どもたちの遊び場
ブランコもなんにもないが、楽しそう

Recently, I read newspaper and found unbelievably shocking article.
It says “ Tokyo’s s children can find their voice if the noise ban is reformed.”.
I couldn’t believe my own eyes – wait a second, were children’s voices regarded as noise by law in Tokyo?

According to that news, a noise pollution ordinance enacted 15 years ago in the suburb of tokyo,
no person can make noise in excess of 45 decibels, which is about the volume allowed in the library.

How can Japanese increase the number of children in this country with this environment ?
Where has the humanity in this country gone?

When one of my indian friend came to Tokyo and take the train,
he thought there has been a big funeral ceremony in neighborhood as inside the train was too quiet.
Another friend couldn’t sleep at my house because it was too quiet!

From my bed room, I can hear children shouting in the balcony of kinder garden
and it makes me so relieved that I can feel happy there are still some kids in this country.

This law sounds like a joke but loosing children is not a joke anymore for Japan.

http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/09/voice-of-children-noise-environmental-regulations_n_5963116.html

http://www.ft.com/intl/cms/s/0/8911cf0a-c3d2-11e4-a02e-00144feab7de.html?siteedition=intl#axzz3UFtfu1bS

いまインドを旅することは、安全なのか?

Is it safe to travel in India for Japanese girls ?

1月の末、インドのカルカッタ周辺とデリーへ出張へ行ってきました。
帰国すると、数人の友人から自分の安否を心配するメールが届きました。
「テレビでインドの暴行事件や、カルカッタで日本人女性を誘拐し、
お金をだまし取る事件をやってたけど、大丈夫?」という内容。
一方で、ある友人からは「一度でいいから、インドに行ってみたい。いつか一緒に連れて行って!」
というコメントをもらうことも多々あります。
ムンバイやデリーのにぎやかな様子をテレビやネットを通して見ると、
そんなに恐ろしい場所でもなさそうに見えます。

インドを旅をすること。それは今、安全なことなのでしょうか。さけるべきなのでしょうか。
ー答えは、とても複雑です。
まず、近年でなぜこんなにもインドで女性に対する暴行事件が増えているのか。
その理由を自分が知人に聞いたかぎりで推察すると、大きくとらえて
「若年貧困層のフラストレーション」があるようにかんじます。

ひとつめに、急激な環境の変化、欧米化。10年前のボリウッド映画にはキスシーンも一切ありませんでした。
それがネットの普及とともに、映画にも過激なシーンがふえ、
若者は、映画の中で繰り広げられるイメージと自分の現実のギャップに苦しみます。
ふたつめに、インドの富裕層と貧困層の間にある、ありえないほどの所得格差のへだたり。
高級ホテルではゴールドを全身にまとったインド人が闊歩しているのに、日雇い労働者は1日$5で生きている。
そこから生まれるフラストレーション。

みっつめに、女性自身の服装もサリーやクルタから、ジーパンやスカート、ショートパンツに変化し、
露出が急激に増えているということ。(これは暴行の言い訳には全くならない)
よっつめに、もともと村や都市部で起こっていた、女性蔑視、女性への暴行が、
ネットの普及とともに、メディアに取り扱われるようになり、ニュースとして目にする機会が増えたこと。
わたしが考えるのは、とくにこの4つの要因です。

インドで最も危険といわれる都市のひとつが、デリーです。
3年前に若いカップルのうち女性がバスの中で暴行され、殺されるという惨劇が起こり、
世界中の人々を震撼させました。
ムンバイは、デリーと比べて暴行や監禁といった心配は少なくなりますが、
パキスタンなど近隣諸国との関係が良いとはいえず、無差別テロの危険性がいまだに強くあります。
2008年の同時多発テロでは、タージマハルホテルの滞在客をふくめ、160名以上が死亡しました。
南部のチェンナイ、バンガロール、ケララ、ゴアなどは、北部に比べて、
危険度は低いといわれますが、日本人の場合、気を緩めることは全くできません。

自分もいまだに一人でデリーやその周辺を歩いたことはありません。
常に誰か現地の人間がともにいます。それは過剰な警護でもなければ、杞憂でもありません。

自分からできるアドバイスは、
1, 一人で行かないこと。男性をできれば2人連れていくこと。
2, デリー周辺、他都市部はとくに気をつけること。
3, 夜6時以降は出歩かない。
4, 現地の衣装を身につけること。
5, ヒンディーをはじめ現地の言葉、少なくとも英語ができる人間がいること。

それでも、魅惑の尽きないインドには行く価値があります。
個人的にもたくさんの人にインドを好きになってほしい!
本当なら、インドで「ぶらり途中下車の旅」とかできたら、どんなに楽しいだろうとおもいます。
女性に”出歩くな”、”肌をかくせ”と言うのは簡単なことです。
しかしそれでは、根本的解決にならないことも、インド人国民は感じはじめています。

※以上に書かせていただいたのは、あくまでも私見です。
インドを旅行する際は、どうかご自分でしっかりとリサーチし、プロフェッショナルである
ツアー会社に最新情報やアドバイスを求めてください。

OB-VV225_idont1_G_20121230083802

 

 

 

 

 

 

 

 

デリーのレイプ事件後のインドでのデモ行進
「あなたの娘に”家から出るな”と言うのではなく、あなたの息子に”態度を改めろ”と言おう”」
(http://blogs.wsj.com/indiarealtime/2012/12/31/the-delhi-bus-rape-and-the-web-of-dont/
より抜粋)

I’ve been to Kolkata and Delhi, India for my business in end of January. Once I came back, some friends and business partners in Japan asked me if I was safe in India. They asked me “ I watched some news saying rape incident in India happened lately. Is India safe to visit now?”.
In the other hand, I was asked from other friends that they would love to go to India once in my life, if I can take them together to India. In fact, when we see India through guide book or Internet, it looks attractive and doesn’t look so dreadful as you watched the news.

Is it safe to trip in India now. Should we avoid to visit there? -The answer is not simple.

Let me state my thoughts on why there are so many rape incidents in India recently.So far I asked my friends and family in India, broadly speaking, there seems to be “ Frustration of the young poor ”.

First, that frustration comes from radical and rapid changes in India. So to say, westernization. Giving you a example, 10 years ago, it was impossible to find kiss scenes in Bollywood movie. However due to the expansion of Internet, extreme scenes have been uploaded and comes into public. Young people started to feel frustrated the gap between the scene in the movie and themselves.

Second, big income gaps and stratified society in India. You can find one of the richest people in the world at luxury hotel and poorest people on the road at the same time.

Third, fashion of women in India is rapidly changing to be more exposed. They change their traditional sari and Kurta to short shorts and tees but of course this fact should not be a reason to make a sexual assault to someone. Fourth, mass media in India like TV news programs started to take up these sort of incident as a news much more than before. Number of rape incidents in India is increasing for sure but also appearing more in TV and news papers.

Even I have never walked down the street in Delhi. I am always with someone whom I know well or local person. I believe this is not overprotective or needless fear.

It is my wish that all people like India more, enjoy this beautiful, fascinating country more.
For that, I recommend to all women in Japan to have 200% preparation for her safety if she visits India. For example never visit India as a single traveller unless you know the country very well (including knowing the local language) and are very comfortable to do so (even then I would never travel alone), travel in pairs of or group if possible. Use your 6 senses very actively in India. if you sense that your situation can get dangerous, immediately try
and get out of the situation and be safe.

As a female tourist you will be approached by all kinds of people (men) trying to talk with you usually to sell you all kind of products and services, communicate conservatively with such people or ignore them and keep walking away. Don’t ever follow these people to any ‘location’ that they suggest where they can get you the product you are looking for unless they are
a know supplier or person. If what they are offering is really interesting to you, first ask your trusted hotel or trusted local contact if this person if for real before agreeing to go with them. Especially at night or after dark.

If possible stay in the safety of your hotel or go to areas you know well after dark. Very be alone after dark. Dress conservatively and ignore approaches of men as far as possible. Make sure you check the embassy and other guides that are available regarding the safety of tourists in India.

A small mistake in your judgement can ruin what could be a nice experience.
So be very very careful and suspicious/ alert when you travel in India. Mostly is it safe and the people are genuinely friendly and curious so they are keen to communicate with you. But the last 10 years lot has changed with Indian youth, so you need to be very careful.

Disclaimer: My suggestions above are only my thoughts and not a guide to how you should prepare for visiting India as a woman. I am not a professional travel guide, so please do your own research and preparation to have a safe trip to India.

販売員アルバイトの方、募集

Sales staff wanted !

本日は、販売員アルバイトの方募集のお知らせです。

2014年夏から始まったVEGANIE販売、おかげさまで催事回数やイベントも増加しており
エシカルに興味があり、ご自分の時間を使って販売を手伝って頂ける方を募集することになりました。
募集内容は、以下のとおりです。

お仕事内容
・百貨店催事や他ポップアップショップでのVEGANIEもしくはethicaloopの販売アルバイト
・催事のペースが決まっていないため、こちらの催事期間の中で、空いているお時間でご対応できる方
(シフトに入れる日、入れない日があっても構いません)。目安として、1ヶ月に5日程度です。

このお仕事に合っている方
・女性、男性問わず、エシカルに興味がある方
・もともと販売スタッフをしていた方で、お客様との対話が好きな方
・専業主婦などをしていて、時間にゆとりのある方

さらに詳しい内容(時給など)はinfo@veganie-shop.comまでお気軽にお問い合わせください。
応募を頂いた方から順にインタビューを設定させて頂きます。
応募多数の場合、ご返信できないことや採用できないこともございますので、何卒ご理解ください。

Chiaki

Happy new year 2015! – 今年の抱負は?

Happy new year 2015! - Have you made new year's resolutions?

2015年 新年あけましておめでとうございます。

年末、支援先であるARK(Animal Refugee Kansai)の丹波篠山サンクチュアリを訪ねました。設立者であるエリザベスさんが迎え入れてくれて、施設の案内をしてくれました。膨大な敷地には大きなドッグランがあり、眺めていると、そこにエリザベスさんが植えたBritish Oakの木を見つけました。まだまだ小さな苗木なのですが、エリザベスさんがふとその苗木を撫でながら「10年20年後、この木が大きくなって枝木が広がれば、この木の下で来る人たちが休めるでしょう!」と笑いながら話しました。

たいてい人は毎日の仕事で手一杯で、ましてや20年後のことまで想像することは、出来そうでできません。目先の利益に必死になりすぎて、次の世代にどう引き継ぐか、ということまで手がまわらず、結局事業をだめにしてしまうのが世の常です。
ちょっと難しいことですが、お正月くらいは、目先ばかり見ずに、はるか遠くを眺めてみようと思うのです。10年後でもいいですし、50年後でもいい。世界中のサッカー競技場で、客席の掃除までして帰る日本人が自分たちの子孫に片付けられないような課題を残して死んでいくなんて、そんなかっこ悪いことないだろうと思ったりもします。

IMG_7385

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARK 丹波篠山サンクチュアリ 寄付はこちらから( http://www.arkbark.net/?q=ja/node/3962/  )

今年の抱負ですが、じぶんは「伝える」と「笑いとばす」です。もともと広告業なので「伝える」ことは本業なのですが、情報を伝えることと、大切なことを伝えることは全くちがいます。とくに、自分より若い世代、学生の方々と共有したいことがたくさんあります。古典演劇などでは口伝ともいいますが、「伝えること」から慣習がはじまり、人の心をうごかす言葉は100年後にも残ります。「笑いとばす」という言葉を選んだのは、笑いとばせないような経済状況や、貧困問題、災害、戦争が、次から次へと起こっても、感情をそこに持っていかれないようにすることです。同情と解決は別ものだからです。外科医は、けが人に対して「かわいそう」ではなく「治そう」とおもいますよね。たんたんと進むしかない。

抱負や目標は、口に出したり、書きとめると、願いが叶いやすいそうです。
みなさんの願いが叶う1年になりますように。
目的が達成できなくても、幸せに生きられることも、忘れずにいたいですね。

IMG_7384

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリザベスさんを囲んで

Happy new year 2015! We hope this year will be even more prosperous and joyful for you all.

I visited ARK (Animal Refugee Kansai) in Tanbasasayama in the end of year. VEGANIE will support ARK financially from our annual profit. They are constructing a new beautiful sanctuary for dogs and cats that don’t have home. A founder Elizabeth welcomed us and kindly guided us all over this facility.
There was one British oak tree planted lately in a big dog run. It was a still tiny baby oak tree and I wondered why such a tree is placed in center of the dog run. Elizabeth said “In 10 or 20 years, people can have a rest under this tree.” then she smiled to me.

I am very occupied with my daily work, how many people can think or imagine about the day after 10 or 20 years later when you don’t know if you will be living at that time. It is quite difficult thing but this experience made me think about future in new year’s day stopping looking down on computer and mobile.

What is your new year’s resolutions? My resolution is “Communicate” and “Laughing troubles away”. There are lots of problems of poverty,environment and dispute that we can not laugh over but I want to step forward and make a action without taking time for giving them endless sympathy. It is said that dreams come true when you write down or telling to someone. I pray that your wishes will come true.
However I think we should not forget that we can live happily without achieving any target or goals!

ライフワークとライスワーク

Life work and Rice work

先日「エシカル男子の会」をつくる会 のローンチパーティーにパネラーとして参加させていただきました。
他にも、内閣府「子ども・子育て会議」委員・ジャーナリストの吉田大樹さん、
LGBT就活などを進めるNPO法人Rebit の藥師実芳さん、エシカル牽引役として オルタナS副編集長の池田真隆さんが
パネラーとして登壇。発起人であり司会者でもある稲葉哲治さん、吉野庫之介さん、参加してくださった皆様とまじえて
フランクなディスカッションがつづき、白熱した2時間半でした。

1724707_616328185161221_2430017634688776826_n

 

 

 

 

 

 

 

 

とても心に残ったのは、「ライフワークとライスワーク」という言葉。
お金を稼げる、ご飯を食べられる仕事=ライスワークをしながら、自分が本当にやりたいことをプロボノや副業、
パラレルキャリアとして実践する=ライフワークという対比で表現に使われる言葉が、
このディスカッション中、何度もでてきました。

「竹迫さんは、コピーワークがライスワークで、エシカルブランドがライフワークなんですか?」
と訊かれたりもしたのですが、その分け方は、自分の「仕事」に対するモチベーションとはちょっと違うんだよなあ、
と感じています。確かにコピーワークは、自分の技術であり需要があるのでエシカルブランドを経営するよりも、
パフォーマンス(金銭的対価)が高いこともあるのですが
コピーワークもまた、自分にとってはかけがえのないライフワークであるのが、正直なきもちです。

2つの仕事をやるからには、ライスワークとライフワークという分別ではなく、どちらもライフワークであり
あまよくばライスワークにしてやろう、というがなければ、つづかないように思いますし
「ご飯を食べるためのライスワークだから、仕方ないからやろう」というモチベーションでは、
その仕事は一生ライフワークには転換しないんだろうな、と感じたりします。

なによりも、ライスワークの報酬を払っている会社や、雇っている人の立場になると、ちょっと悲しいですよね。
自分が雇っている人が、仕事を「ライスワーク」でしか見なしていない、と分かったら、腹がたちますよね。
仕事って、お金の対価以上の価値をそこにもたらすから仕事だと思いたいのです。
わたしも、こういう考えにいたったのは、自分で会社を設立してからです。20代は仕事の対価なんて考えもしませんでした。

自分はずっと「2足のわらじ」という言葉を使っています。
阿川佐和子さんも著書で「家庭で嫌なことがあれば、職場でいいことがあって、どっちかの“いいこと”にすがって女性は生きていける」と述べているそうです。同じくお笑い芸人と音楽家という2つの顔を持つ清水ミチコさんもテレビがダメでも、ライブでウケると、「私にはライブがあるじゃないか」と思って続けてくることができた……と自身の経験を語ったそうです。
おそらく、ミチコさんにとっては「音楽家」も「お笑い芸人」もライフワークだったんだろう、とおもいます。

「そんな余裕のあること言ってられない。お金をもらえればそれでいい。」という考え方の人もいるとおもいます。
つまりは、じぶんにとっての絶妙な心とお財布のバランスを見つけられれば、それが一番なのかもしれません。

2つのわらじをはきながら、どっちか1つに悩まされ、どっちか1つに励まされながら、生きていく。
とても現金な考え方ですが、それがいまの自分のここちよい生き方に近いような気がします。


10259710_616334638493909_982253865005435139_n

 

 

 

 

 

 

 

 

エシカル男子の会をつくる会 ローンチコンフェレンスのみなさんと

I was invited to the launch event of “Ethical boys” which has a purpose to increase the number of men who has mind to take care of ecology, social activity and ethical life style.
I was a member of panel as an ethical/social professional who started the business from the scratch.
3 other professional people joined that panel like Mika Yakushi who is supporting LGBT people especially students who are handicapped for their job hunting, Masataka Ikeda vice chief editor of Alterna S, Taiki Yoshida, a journalist of child education and has been educating his own children as single father as well.
We discussed passionately involving the audience for 2 hrs, it was a great moment for me but one word didn’t sound right. It was “ Life work and Rice work”.

Many Japanese people use this word lately as an expression of “ Doing the job to eat (Rice work) and doing social/ ethical /volunteer work (Life work) simultaneously ”.
I was asked from a few people if my copy writing job is rice work and my ethical business might be life work but it is not collect words to discribe my attitude to the business. Honestly speaking, it is true that sometimes I am paid well with my copywriting job much easier that my ethical business but copy writing job is my precious life work as well as ethical activity.
I would say “Rice work” will never turns out to be “Life work” if people keep think/treat it “Rice work”. The passion and motivation more than the payment is always needed in business. Most of all, I feel that it is quite impolite to the person who is paying the fee to you. How do you feel if your employee regard the job “Rice work”.
I am afraid no “big idea” or “team work” comes out from such environment.

I use the word “ Nisoku no waraji” which means “wearing two hats”.
I always have some trouble with one of two hats but always another hat suits and cheers me.
Both of them are my irreplaceable works in my life.

インド人 ノーベル平和賞受賞 Kailash Satyarthi 氏って?

Who is novel peace award winner Kailash Satyarthi ? (Explanation in Japanese )

今年、2014年に発表されたノーベル平和賞受賞者の報道で、よく目にするのは
パキスタン人17歳のマララちゃんですが、インド人のKailash Satyarthi
(カイラシュ サティヤルティ)さんも受賞されたことをご存知でしょうか。

VEGANIEがインドをメインとした活動をしているためか、友人や知人に
「あの方ってどんな人なの?インドでは有名なの?」と質問を受けたので、
あらためて彼に関する英文記事を読み、サティヤルティさんに関するメモを以下に書きました。

satiyarti2

 

 

 

 

 
(Photo: kailashsatyyarthi.net photo galleryより引用)

1. サティヤルティさんは、1954年1月11日、インド・マディヤプラデシュ州ビディシャ生まれ。26歳のとき電気エンジニアの儲かる仕事を辞めて、1980年Bachpan Bachao Andolan(子供の時代を救え) とSave the Child を設立。BBAにおいて救出された子供は8万人を超える。また、彼らの安全な社会復帰を実現するためのリハビリ/教育施設も用意。1994年には、カーペットづくりに頻繁に子供が労働させられている事実から、Good weave という児童労働のないラグやカーペットづくりを行う団体を設立。”児童労働”そのものが貧困の永久化、識字率、雇用問題、人口増加など他の課題と関連しているとの考えを示す。

2.1998年には、ガンジーの思想に影響を受け、”児童労働に反対するグローバルマーチ”のリーダーを務める。およそ60カ国全世界を周り、練り歩き、何千人もの人やNGOがそれに参加。ILO会議が行われたジェノバまでそれは続いた。その後”Global March Against Child Labor”は国際組織となる。

3.児童労働をしていると思しき工場や児童らを操っているマフィアに踏み込み捜査をしたり、児童を救出するため、何度も命の危険にさらされてきた。彼の2人の同志は殺され命を失っている。

4.「ロバート・ケネディ人権賞(1995年)」、「金旗賞(1998年)」、「F・エバート財団国際人権賞(1999年)」、彼の平和活動に対して多数の賞が授けられるも、本人はグラスルーツ、現場での活動も非常に重んじている。

 

wc2

 

 

 

 

 

 

 


(Photo: kailashsatyyarthi.net photo galleryより引用)

VEGANIEは、児童労働のない女性支援団体NGOやフェアトレード団体とともにものづくりをしているので、彼の活動は他人ごとではなく、まさに将来サポートできる機会もあるだろうと考えています。また、児童労働を牛耳っているマフィアやコミュニティ、利益主義の生産工場に踏み込んでいくことが、どれだけ大変でリスクを冒すことか、よく理解できます。彼が生きていることが奇跡に近いと感じます。

“India has hundreds of problems and millions of solutions.(インドには何百もの問題があるが、何万もの解決方法がある) “と彼は言っています。まさに、自分が心から共感できる言葉です。問題を解決するだけの可能性がインドにはあります。音楽教育のサンギートプロジェクト※も、このアイディアから生まれました。

児童労働がもっとも多いと言われているインドで、自分に何ができるか、さらに深く考えていきたいとおもいます。

※サンギートプロジェクトは、Shahani Associates Ltd.とともに進めている音楽教育プロジェクト。
インドのストリートチルドレンの中から音楽的才能のある子どもを発掘し、ムンバイにある教育機関 True school of Music にてスカラシップ支援を行います。

 

引用元)

http://www.kailashsatyarthi.net

http://www.theguardian.com/world/2014/oct/10/nobel-peace-prize-winner-kailash-satyarthi

http://www.thestar.com/news/world/2014/10/10/5_things_to_know_about_kailash_satyarthi_the_other_nobel_peace_prize_winner.html

http://ibnlive.in.com/news/10-things-you-didnt-know-about-nobel-peace-prize-winner-kailash-satyarthis-bachpan-bachao-andolan/505387-79.html

展示会でもとをとれるか

My first exhibition

おかげ様で、10月21日-23日にethicaloopとして参加させて頂いたPLUG IN展示会が
大盛況のうちに終了いたしました。
ethicaloopとして、VEGANIEとして、予想をはるかに上回るお問い合わせをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

はじめての体験となった展示会。
やはり、やってみて初めて、気づきと反省が生まれるというもの。
やってみるまでは、ほんとうに気づかないものなんです(それは私のIQの問題か)

例えば、OEMはするのかしないのか。
卸販売はどんなスキームでできているのか。
フェアトレードやエシカル製作による長引く納期は、どこまで理解して頂けるのか。
条件は?保証は?そういえば、メディアの方へのアナウンスは?

展示会に立ってみて、次から次へと生まれる問題、課題・・・。
もちろん、有り難いことにお問い合わせ頂いたからこそ、ぶつかったわけですが、
再度、すべての課題を並べ整理することにしました。

IMG_4131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな展示会のイロハを何も知らない自分に、ethicaloopの仲間はたくさん助言をくれたり、
プロデュースしていただいたロハス・ワールドさんにも素敵すぎるご縁をたくさん頂いたり、
チームには無理をいって、ethicaloopのロゴをいそぎで作ってもらったり。
これを感謝といわずして、なんといいましょう。

次に行くための宿題と、毎日格闘する。それ以外に近道はないのですね。
そして、展示会は、終わったあとにご縁をどうつなぎ止めるか、ご縁から何を生むか。

いち関西人として・・・、これから展示会の出展料のもとを取りたいと思います。


IMG_4153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ethicaloopの仲間、Lohas world 出展者のみなさんと。おつかれさまでした!

We successfully finished our first exhibition “Plug in” at Shibuya Hikarie. Thank you so much for your visiting us.
We were joining this event as a member of ethicaloop produced by Lohas world.Thanks to supports from my team and members of ethicaloop, I could have many inquiries from clients especially distributers.

It was a shame that I realized many things that I should have done on exhibition just after of during the exhibition. For example, if I should do OEM or not, what is the condition, what the price will be… etc etc. I just restarted to summarize “To do list” to go to the next phase like a chick emerge from its eggshell.

My mates of ethicaloop gave me kind advise and supports, producer of Lohas world gave me great opportunity for meeting buyers, new people.I can not thank you enough to them.

Regarding the exhibition, the point is how I can keep in touch with people after the exhibition and how we can produce something new with these people. If it is a waste of money or worth exhibiting the brand, it depends on my ideas and action.

Thank you for reading this.