納豆と沢庵のパスタ

Natto and takuan pasta



 

※Followed by English translation

シンプルで簡単そうな納豆パスタですが、
納豆のたれを自分で作ると、一気に味わいがグレードアップします。
納豆についているたれは、アミノ酸調味料が使われたものが多いので、
ひと手間かけて、ぜひ「自家製たれ」から作ってみてください。
納豆はひきわりがおすすめ。パスタに海苔と納豆がよく絡んで
何皿でもいけちゃいそうな美味しさです。

■材料 2人前

・スパゲッティ      180〜200g
・ひきわり納豆 3袋
・大葉   4 枚
・沢庵    30-40g
・刻み海苔  適量
・オリーブオイル もしくはバター  大さじ1
・塩   適量  (茹でる際に使用)

<納豆のたれ>
・水  大さじ2
・鰹節  5g
・米飴  小さじ2  (なければお砂糖でもOK)
・薄口醤油 大さじ2
・濃口醤油   大さじ1
・酢   数滴
・酒  小さじ1

1.
たっぷりのお湯を沸かし、塩を小さじ1入れて、スパゲッティを湯がく。
その間に、大葉、沢庵は細切りに刻み、納豆はよく混ぜておく。

2.
納豆のたれを作る。水をフライパンで沸騰させたら、鰹節を5gをパラリと入れて
火を消して、鰹節を取り除く。ボールに移し、醤油、米飴、酢、酒を入れて混ぜ合わせる。
納豆とたれを混ぜておく。
3.
湯がいたスパゲッティに、すぐにオリーブオイル(もしくはバター)を和えておく。
さらに、納豆、沢庵を混ぜ合わせる。

4.
器に盛り付けて、上から大葉、海苔、お好みで炒りごまをふったら出来上がり。

Usually, Natto pasta is simple & easy but if you want to make it stepped up,
I recommend you to make flavorful, tasty “Dashi sauce” for the pasta by yourself.
Natto has several kinds, in this recipe I use Hikiwari natto (crushed natto)
as it sticks to pasta well.

■ Ingredients for 2  person

 

・Spaghetti       180〜200g
・Hikiwari Natto 3 packs
・Shisho green leaves   4 leaves
・Takuan (yellow pickled radish)   30〜40g
・Chopped Nori     To taste
・Olive oil or butter   1 tbsp
・Salt    as needed for boiling spaghetti

<Dashi sauce for natto>
・Water  2  tbsp
・Katsuo bushi (Bonito flakes)  5g
・Komeame (Rice syrup)  2 tsp
・Usukuchi soy sauce 2 tbsp
・Koikuchi soy sauce  1 tbsp
・Vinegar  1 tsp
・Sake  1 tsp

1.
たっぷりのお湯を沸かし、塩を小さじ1入れて、スパゲッティを湯がく。
その間に、大葉、沢庵は細切りに刻み、納豆はよく混ぜておく。

2.
納豆のたれを作る。水をフライパンで沸騰させたら、鰹節を5gをパラリと入れて
火を消して、鰹節を取り除く。ボールに移し、醤油、米飴、酢、酒を入れて混ぜ合わせる。
納豆とたれを混ぜておく。

3.
湯がいたスパゲッティに、すぐにオリーブオイル(もしくはバター)を和えておく。
さらに、納豆、沢庵を混ぜ合わせる。

4.
器に盛り付けて、上から大葉、海苔をふったら出来上がり。

1.
Cook the pasta nests in boiling salted water until al dente, and drain well through a colander. Add olive oil or butter on it and dress spaghetti with oil.
While boiling the pasta, cut Ooba and Takuan thinly, Mix natto well.

2.
Make Tare (Dashi sauce) for natto.
Boil water on the pan, put bonito flakes and turn the heat off and ged rid of bonito flakes.
This is called basic Dashi.  Put  Dashi  in the bowl, add all ingredients left.
Mix Dashi sauce and natto well.

3.
Mix natto, takuan and pasta. Place the pasta on the plate and strew Ooba and Nori on the top.
Ready to serve!

醗酵食レシピ:テンペ味噌カツのサンドウィッチ

Fermented food recipe : Tempe Miso cutlet sandwich



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※Followed by English translation

お味噌って、お味噌汁以外にどんなレシピがあるのかな?
そう考えはじめて、思いついたレシピです。
甘味噌がマヨネーズと絡まって、もうひと口が止まらない、ので注意です。
テンペは、インドネシアで生まれた大豆を醗酵させた板状の食品。
お味噌は、濃くて強い味わいの、八丁味噌(豆味噌)がおすすめです。
W発酵食品で、ボリューミーだけれど、ヘルシーに。

■材料 1人前 (サンドウィッチ半切り2つ分)

・テンペ       1枚
・お好みの食パン 2枚
・キャベツ    2,3cmの厚みの量
・小麦粉もしくは米粉    50g
・卵    1個
・パン粉  50g
・揚げ油   適量

<味噌ソース>
・豆味噌  大さじ1
・白味噌(もしあれば)  大さじ1
・はちみつ  大さじ2.5〜3
・水 大さじ3
・酒   大さじ1
・砂糖 小さじ1
・白すりごま 大さじ1

<マヨネーズ>
マヨネーズ  大さじ1.5
牛乳   小さじ2

1.
テンペは、横半分にスライス、薄くしておき、塩こしょうをふっておく。
味噌ソースは、全ての材料を混ぜておく。ソースが固い場合は、水を加えて調整する。
マヨネーズも同様に混ぜておく。

2.
テンペに小麦粉をまぶし、卵にひたし、パン粉をつける。
170度の油で約2分、ひっくり返して、また2分揚げる。

3.
パンをトースターでこんがりと焼き、パン1枚の上に薄くマヨネーズ、テンペカツ、味噌ソース、
キャベツ、マヨネーズ、もう1枚のパンの順番で挟む。

4.
上から軽くおさえて半分に切ったら、できあがりです。
お好みで、マスタードを添えて、お召し上がりくださいね!

If you are looking for some different miso recipes not a miso soup,
this will be a unique option for a change of flavor.
The secret to make it crispy, don’t forget to slice the Tempe block thin.
I recommend Haccho miso (100% soy miso) as it has full-bodied flavor
and it matches to the sweetness.
Just be careful, you can not stop to bite once you start!

■ Ingredients for 1 person

・Tempe       1 block
・Slice of bread 2  slices
・Cabbage    2,3cm block
・Flour or rice flour    50g
・Egg    1 pc
・Bread crumbs  50g
・Oil for deep flying

<Miso sauce>
・Mame miso  1.5  tbsp
・Shiro miso (if available)  1 tbsp
・Honey  2.5〜3 tbsp
・Water 3 tbsp
・Sake  1 tbsp
・Sugar 2 tsp
・White ground sesame 1 tbsp

<Mayonnaise sauce>
Mayonnaise 1.5 tsp
Milk  2 tbsp

1.
Slice the tempe in half crosswise, sprinkle the salt and paper.
Shred the cabbage leaves. Mix all ingredients of miso sauce. if the sauce is hard,
add the water. Do the same with mayonnaise sauce.

2.
Dip the Tempe in flour, then egg, and then breadcrumbs, and then fry it in oil (170°)
for 2 mins, turn upside down and fry it for more 2 mins until it gets golden brown.

3.
Toast the 2 slices of bread in a toaster, spread  half of mayonnaise  sauce on one of
slice of bread. Place the Tempe cutlet, miso sauce, cabbage and mayonnaise sauce
in that order and put one more slice of bread on the top.
Serve it with mustard if you like!

2020年、つぎのステップへ

Moving on to the next step in 2020

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
みなさまは、どんな年末年始を過ごされましたでしょうか。
今年も、みなさまにとって、fruitful & Happy な年になりますように!

2020年、年が明けて早々ですが、すこしだけご報告があります。

2015年に立ち上げてから、たくさんの方々に支えられて活動して参りましたVEGANIEを
2020年、少し方向修正をしながら、さらにパワーアップしていくこととなりました。
3年前に娘を産んでから、24時間子育てに追われ、笑
インドの生産者の村を訪れることが難しい状態となり、悔しい思いをしてきました。
そして最近、エシカルファッションにこだわることなく、
自分の生活の延長線上でできる社会との関わりを突き詰めていくと
自分の毎日のルーティンである、「料理、食卓、暮らし」であることに気づきました。

特に、インド料理のスパイスや、自分の大好きな醗酵食(醤油、味噌、酢など)の魅力を
もっと国内、海外にむけて発信できないかと考えはじめました。
テーマは「Tasty (美味しい), Healthy(健康に), Hearty(心のこもった),Harmony(自然との調和)」です。
もちろんベースにはサスティナブルライフがあり、エシカルがあります。
自分のできる範囲で、フェアトレード団体、エシカルブランドなどと
「暮らしにまつわる雑貨」の商品作りも継続していく予定です。

ウェブサイトなどがきちんと整備されましたら、また改めてきちんとご報告しますが
具体的には、会社名を変更し、活動内容を修正し、秋〜冬ごろにはスタートさせていきます。
スムーズな移行のために、これからブログやSNSなどで、どんどん食にまつわる内容が増えていくことになるかと思いますが、
何卒、今までと変わらぬご支援、ご愛顧を、何卒どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

Happy new year !! I hope all of you had a wonderful holidays.

Today, I just would like to share with you about my next plan for VEGANIE in 2020.
Since 2015, I have been building so many ethical business relationships with women NGOs,
fair trade NGOs in India but after giving birth to my daughter in 2017,
it has been very difficult to keep up all of communications with producers in India and
plan field trips for interactions in villages due to my super busy days for raising a child.

So now, I have decided to make some adjustments in my business and make it
more suitable with my current life style so that I can organize in detail.
While I was super busy to take care of my child, I concentrated to cook good food for her
and one day I just realized how fermented food is delicious and healthy.
Meanwhile, I also cooked so many kind of Indian food for my friends and family and that also
made me wonder how the world of spices is deep and interesting to learn.

After experiencing these moments, I felt like that I would like to spread the charm
of “Spices” and “fermented food” to the world from Japan with a concept of
“Tasty, Healthy, Hearty and Harmony with nature”. I am planing to share my recipes and share
time to enjoy cooking with you. In addition that, I am planning to introduce some ethical /
sustainable lifestyle products co-worked with ethical brands, art-craft artisans or NGOs in Japan
or overseas as we did before. VEGANIE will be changed to a new company name too.

For a smooth transition, my blog / SNS could be more about cooking, food and table scapes
but all of these topics are connected to ethical / sustainable lifestyle as well.
I hope you can enjoy reading my blog as before.

I am so excited to share with you our new website in this year.
Thank you for your supports and reading always!

 

 

 

 

醗酵学者、小泉武夫先生から頂いたメッセージ Message from Dr.Takeo Koizumi (Agriculturist, Leading expert of zymology in Japan)



 

自然の美しさ、食卓の大切さ、娘に教えてもらうことばかり My daughter has opened my eyes to the beauty of nature and importance of good food.



 

捨てるところほどオイシイ

We are wasting the best part of vegetable

最近、食ベものに関するブログが続いているのには、理由がございます〜。

2歳児がいる今の生活では、インドに行って、村を訪ねて商品の企画や打ち合わせをすることが難しく、
自分の生活の延長線上(半径1km)でできる「エシカルやエコ」を追い求めていくと、
食(料理)にたどり着いた、というわけです。

料理なら、家族のために毎日キッチンに立っていますし、
そういう生活のマクロな視点から考える「エシカル」にも、たくさんの人間の知恵が詰まっていて、本当に面白い!

例えば、最近ふと思うのは、「食べ物って、捨てるところほど、色んな意味でオイシイんじゃないか?」ということ。
スーパーにいくと、当たり前のように大根や人参の葉っぱが切られて売られているのですが、
なぜ、下手すると食べるところよりはるかに栄養が詰まっている葉っぱを捨ててしまうんだろう?
と、感じる今日この頃です。

大根の葉でいうと、カロチンは根の部分には全く含まれてないため、葉には2000倍以上含まれているそう。
ビタミンKは約200倍。ビタミンCは約7倍。カルシウムは約2.8倍。鉄は約5倍!
こうやって比較すると、ものすごい価値のあるパーツを捨てていることがわかりますよね、、、。※

大根の葉っぱなら、細かく刻んでごま油でしらすといりごまと炒めて、ふりかけにしても美味しいですし、
人参の葉っぱなら、ミキサーで松の実とオリーブオイル、にんにく、粉チーズとかけて、ジェノバ風ソースにしても最高です。
昔は大トロなんて、誰も食べなかったので、捨てていたと言われるけれど、、、葉っぱもそのうち大人気になるかも?!



 

 

 

 

 

 

鎌倉の直売所は、葉付きの大根がたくさん売っています。



 

 

 

 

 
大根の葉っぱも一緒に蒸し野菜に。味噌ダレにつけるととっても美味しい。

I think I am writing about “food” quite a lot recently and there’s a reason for that.
With 2 years old daughter, it’s been very tough to visit villages in India
and plan for next products with producers. This current situation made me
to make an action locally to keep up my ethical / sustainable lifestyle –
and I found cooking is the best topic.
I am standing in the kitchen for cooking everyday (Sometimes all day long!),
even it’s my ordinary daily life but I realized that it contains lots of ethical / eco ideas.

To give an example, I’m wondering why we are wasting the best part of vegetable.
Speaking of Japanese white radish (Daikon), it’s so difficult to
find the one with leaves in supermarket recently but in fact those leaves have
much more nutrition than root. Leaves contains carotene approximately 2000 times than root,
200 times of VitaminK, 5 times of vitaminC.
Don’t you think it’s such a waste that we are wasting full of nutrition?

We can stir-fry Daikon leaves with Shirasu, sesame and seaweed in sesame oil, season with soy sauce ,mirin and sprinkling over rice as furikake, or we can blend carrot leaves, pine seeds, garlic, powder cheese, olive oil and salt to make Genovese (style) pasta sauce!

If you have any good cooking ideas, please let us know :))

※ 五訂日本食品標準成分表を参考

インド料理とエシカル

Indian cooking and ethical

インド料理教室に通って、はや5ヶ月が経とうとしています。
インド人の嫁として、義理の母に教わったり、日本に遊びに来た友人に教わったり、
料理本で調べたり、自分なりに色々と研究はしていたのですが、
ある日突然「壁」にぶち当たりました。

「ターメリックを入れる。コリアンダーを入れる。この料理は、アジョワンシードが良い。
それはわかった。
でも、これらのスパイスは一体何のために入れるのだろう?理由がわからない。」

という、その料理におけるスパイスのレゾンデートルが、分からない時が出てきたのです。
インド料理は、意味もなく、むやみやたらにスパイスを重ねているようで
実はそうではありません。どれもこれもドバドバ入れていると、
苦味が増したり色が悪くなったりします。

そんな折、アローラさんという70歳を超えてバリバリに料理教室をこなしている
インド人女性に出会いました。彼女はムンバイ出身で、北インド料理であり、
自分の家族が作っているベンガル料理とはまた違うのですが、
30年以上インド料理に携わっている彼女から、教えてくださることをできるだけ
吸収しようと決心したのでした。

さすが美味しんぼにも出ていたアローラお姉さん。料理のクオリティはもちろんなのですが、
一番感動したのは、彼女の料理に対する姿勢。

ざるに残っている、豆も油も一切無駄にしない。最後の一滴まできちんと鍋に入れる。
使っている鍋は、何と40年もの。懐かしの昭和柄鍋もありました。
冷蔵庫に保存していたカレーに浮いた油も捨てない。炒め油に使う。
旬のものを食べる。

その姿勢が、わたしの心を鷲掴みにしました。自分のおばあちゃんを思い出したからです。
彼女の考え方、姿勢を次の世代にバトンタッチしていくことは、勝手に自分の使命じゃないか
とまで思うほど。この教室を修了できたあかつきには、少しずつ、インド料理の楽しさを、
いろんな人に伝えたいと思っています。



 

 

 

 

 

 

アローラDi がサモサを作る様子。



 

 

 

 
 

 

 
京人参だから甘い甘い、人参のサブジ

It’s already been 5 months since I started to study Indian cooking at the school.
As a person who has got married with Indian, I have been learning Indian cooking
from my mother in law, my friends and cooking books. I was confident that
I was cooking quite well. 

But one day, my Indian cooking has reached a plateau, I just have started to get confused,
“Ok I know that this spice for chicken curry and that spice is for dal soup,
but I don’t know exactly why I am putting it. Why this food has to be seasoned by this spice?”.
It means that I knew recipes but I was not understanding recipes fully – raison d’etre of spices.

Meanwhile, I have met one lady called Arora who has been teaching Indian cooking
more than 30 years. She is from Mumbai so her cooking style and food are very different
from my family’s (Bengal food) but I thought I should learn and absorb as much as possible
that she knows and experienced.

Of course she has taught me so many eye-opening ideas for cooking
but what I was moved the most was her state of mind while she was cooking.

-No waste  – Use all oils on the bowl, sauce in a bin. Use to the last drop.
-Use things with love for a long time – Pans and pots are used more than 30 to 40 years
and she was so proud of that.
-Recycle – Even the oil floating on the gravy sauce, she does’t waste it.
She told me to use that oil for Sabji ( Fried veggies ).
-Ecology – Eat seasonal vegetables and fruits.

I can not explain how moved I was when I learned these things from her.
It reminds me of my grand mother and my current activity for ethical and sustainability!
I wish if I could share this “state of mind” and “How fun it is to cook”
to my friends and people who are interested in cooking and eating.
I would like to pass a baton to next generation.

東京アメリカンクラブ2019 11/12-14

Tokyo American Club International Bazaar 2019, 13-14th November

11月13,14日、東京アメリカンクラブにて、インターナショナルバザールが開催、VEGANIEが出店いたします。VEGANIE, Andes gift,Coloridas,Tammy’s treats,新しくaniequeも参加。
今年は総勢60以上のブランドが参加予定だそうです。この日はビジターも入場OKとなりますので、ぜひクリスマスに向けて可愛い雑貨を探しにいらしてください!
20%がTAC Women’s groupを通して、チャリティに寄付されます。

13th November : 10:00-20:00
14th November : 10:00-14:00

On 13-14th November, we will have an pop up shop at International Bazaar 2019 organized by Tokyo American Club.  You can buy ethical products of VEGANIE, Andes gift, Coloridas,Tammy’s treats and Anieque (African fabric bags). We are so excited to see you there!
20% of profit will be donated to charities through TAC women’s group.

伊勢丹浦和 1F 10/16-22

Urawa Isetan 1F 16-22th October

10/16-22まで、伊勢丹浦和 1F ザ・ステージにて、Andes giftsをはじめ、
エシカル雑貨イベントが開催されます。
お近くにお寄りの際は、ぜひお越しください!

We will have an pop up shop at Isetan Urawa 1st Floor from 16th to 22nd October.
Please come by and check out autumn / winter ethical goods to warm you up!

 

時代遅れは、いまや時代の最先端?

Which lifestyle is outdated and up-to-date?

最近参加させていただいた、青山学院大学でのYOUPLID主催のワークショップでも
「生活の中で、どんなエシカルアイディア、エコアイディアがあるか、考えてみましょう!」
という質問を生徒さんに投げかけて、さまざまなアイディアと質問が、
生徒さんの中から出てきてとても嬉しかったのですが、
最近、オーストラリアに長くいた友人とお喋りをしていて、とても面白い話が出てきました。

彼女は20年前にオーストラリアにいたのですが、その頃からすでにオーストラリアでは
「エコ、サスティナブル」の認識が国民レベルで広がっていて、
彼女は、さまざまなビックリに出会ったそうです。

例えば、シャワーの横には砂時計が置かれていて、1分たったらシャワーをとりあえず止める。
台所のシンクの横には、コンポスト(生ゴミを堆肥に変えるボックス)が置いてある。
ボロボッロのTシャツをいつまでも着ている。
スーパーにはもちろん、レジ袋がない。笑

留学していた彼女は、それを「なんと遅れている!なんと古臭い!」
と感じてドン引きしたそうです〜。
でも、いま考えると、実は時代の最先端をいっていたのかもしれませんね。

今、私たちがカッコイイと思っている高層ビルも、都会な感じがする24時間コンビニも、
実は「ヒートアイランド現象」や「膨大な食べ物の廃棄」というさまざまな課題を抱えていて、
サスティナビリティという視点から見ると、もはや時代の先端ではないのかもしれません。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Recently I could have an opportunity to give a lecture to students of
Aoyama gakuin University through YOUPLID workshop.
In there, I asked students if they have any ethical / eco ideas that they are trying to do
for the sustainable life.
They kindly shared the ideas such as “carrying tumbler for coffee” or
“Sharing shopping bags at the supermarket in hometown”.

Speaking of eco ideas, I had a very interesting conversation with my friend
who has been in Australia 20 years ago.
She told me that Australian people already had high environmental awareness
at that time, lots of eco-actions were made by ordinary people.
For example, putting a sandglass while they take shower to stop the water
after a minute, they already had a compost next to a sink to put raw garbage or food scraps.
She told me that one of her friend was wearing tattered T shirts always
and that friend told her that it’s still wearable.

My friend told me that she was really put off that Australian people are
behind the time, society was not developed or modern as Japan was.
However when we talk about this story today after 20 years, we realized
that these experiences were not behind the times or uncool but very up-to-date
action and AWESOME!

So maybe now it’s the time to rethink what is outdated and up-to-date for us.
We regard skyscrapers and 24hrs convenience stores are symbol of modernism
but also we have to admit
we are facing “Urban heat island” and “massive food waste”, Industry
with lots of futility doesn’t seem to be modern anymore in sustainability perspective.

 

東京アメリカンクラブ International Bazaar 11/7-8

International Bazaar 2018 at Tokyo American Club

東京アメリカンクラブで開催されるインターナショナルバザールにVEGANIEが出店いたします。
他にもAndes giftやColoridas、Tammy’s treatsの商品もお買い求めいただけます!
ぜひ遊びにいらしてください。入場は無料です。
11/7 10:00-19:00
11/8 10:00-14:00

We are going to sell our products in International Bazaar 2018 at Tokyo American Club.
This will be a great opportunity to find something special for the coming holiday season!

オーガニックライフスタイルEXPO 展示販売 9/22-23

Organic lifestyle Expo 22nd-23rd, September

9月22日(土)、23日(日)に開催されるオーガニックライフスタイルEXPO
エシカルファッション雑貨エリアにて、展示販売させていただきます。
VEGANIEの他にも、AKIRAK、Smateria、Coloridas、Tammy’s treats、Feliz、など
キュートでサスティナブルなブランドが集結します。ぜひ遊びにいらしてください!

10:00-17:00、国際フォーラム展示全ホールE

VEGANIE will have an exhibition and sale at ” Organic lifestyle Expo 2018“.
It  is one of the biggest organic event in Japan. You can enjoy organic foods,
ethical cosmetics, ethical fashion and even more!