えびと梅干しのココナッツカレー

Prawn and umeboshi curry



 

※Followed by English translation

何を隠そう、魚介類が大好きです。
海老なら100匹食べられるんじゃないか、と思うくらい。
海老のカレーは、世界中にたくさんのレシピがありますが
とっても美味しいカレーができたので、ぜひ作ってみてください。
ポイントは、海老の旨味を残して、臭みをとるか、ですね。

■材料 3人前

・殻付き海老(ブラックタイガーなど)     9匹
・玉ねぎ 中 1個 (大きめのみじん切り)
・トマト  大 1個 (角切り、種を除く)
・ にんにく 1かけ
・しょうが  20g
・オリーブオイルまたは米油  大さじ3
・塩   小さじ1 1/2
・コリアンダー (パウダー) 小さじ 2
・ターメリック  小さじ 1
・ブラウンマスタード(ホール) 小さじ 1と1/2
・カルダモン 2個
・カレーリーフ(できれば生) 3,4枚
・青唐辛子   1/2 本 、なければ 赤唐辛子 1本
・梅干し  2/3 個

・砂糖 小さじ1
・ヨーグルト 80g
・ココナッツミルク 150ml
・水 30ml
・カスメリティもしくは香菜   適量

<海老の下味>
・塩 小さじ 1/2
・レモン 15ml
・ターメリック 小さじ 1/2
・コリアンダー 小さじ 1/2
・レッドペッパー 小さじ1/3

1.
海老に下味をつける。
海老は殻をとり、背中に切れ込みを入れてワタをとっておく。(殻は取っておく)
塩、レモン、ターメリック、コリアンダー、レッドペッパーで下味をつける。15分置く。
(殻は後ほど使うので、取っておく)

2.
フライパンに油、ブラウンマスタード、カルダモン、カレーリーフ、輪切りにした
青唐辛子を入れてからフライパンを熱し始め、中強火に。
海老と海老の殻を入れて強火でサッと炒める。
表面がキツネ色になったら、海老と海老の殻だけ取り除き、海老だけ置いておく。
そのままのフライパンにみじん切りにしたニンニクとしょうがを入れて炒める。
その後、玉ねぎを良く炒め、10分ほどして茶色っぽくなったらトマトを投入。
コリアンダー、ターメリック、塩を入れたら、さらにトロトロになるまで炒める。

3.
火を消して、トロトロになったソースからカルダモンを取り出し、ブレンダーに入れる。
ピューレ状になったら止めて、フライパンに戻す。
そこにヨーグルト、ココナッツミルク、水、みじん切りにした梅干しを入れて
5分ほど煮る。最後に海老を加えて、さらに10分煮る。
最後に、カスメリティを手で崩しながら加えるか、香菜を散らして出来上がり。

I love prawns and have been pursuing healthy, tasty prawn curry for a long time…
And finally I could be satisfied with the recipe below!
In addition to the ingredients creating a great taste, the recipe allows you
to pull out the “umami” of prawns and neutralize the smell of prawns.

■ Ingredients for 3  person

・Prawns  9pcs
・Onion MSize 1piece
・Tomato  L size 1piece
・ Garlic  1pc
・Ginger  20g
・Rice oil   3 tbsp
・Salt   1 1/2 tsp
・Coliander(powder) 2 tsp
・Turmeric   1 tsp
・Brown mustard(whole) 1と1/2 tsp
・Cardamon (whole) 2pcs
・Curry leaves(Fresh leaves if possible ) 3,4 leaves
・Green chili peppers   1/2  pcs
・Sour plum  2/3 pc

・Sugar  1 tsp
・Yogurt  80g
・Coconut milk  150ml
・Water  30ml
・Fenugreek leaves or coriander fresh leaves      As needed

<Marination of prawns>
・Salt  1/2 teaspoon
・Lemon 15ml
・Turmeric  1/2 tsp
・Coliander  1/2 tsp
・Red pepper  1/3 tsp

1.
Marinate the prawns. Peel the shell of prawns, marinate them with
salt, lemon, turmeric, coriander and red pepper, marinate it for 15 min.
(Keep the shells of prawns as we use it later)

2.
Put the oil, brown mustard, cardamon, curry leaves, green chili pepper round sliced
in the pan and start to heat up to middle to high.
Put the prawns and its shells and stir-fry until surface gets golden brown.
Get rid of prawns and shells from the pan and keep only prawns.
Add onion and fry it well until golden brown, add diced cut tomato.
Add coriander, turmeric and salt. fry it until it gets pasty texture.

3.
Turn off the heat, pick out the cardamon from the sauce and blend the sauce  in a mixer until it gets  completely fiberless.  Remove the sauce to the pan and add yogurt, coconut milk, water and chopped sour plums and simmer it for 5 mins. Add prawns and simmer it for 10 mins more.  Add crushed fenugreek leaves and stir together or sprinkle coriander leaves on top.
Ready to serve!

 

 

甘酒のりんごタルト

Amaze apple tart


※Followed by English translation

アップルタルトやアップルパイは、お砂糖で甘くすることが多いのですが
ここでは甘酒をお砂糖の代わりに使って、りんごを甘く柔らかく煮ています。
りんごが甘いぶん、タルト生地は甘さ控えめにできて一石二鳥ですよ。

■材料 20cmホール

<タルト生地>
・バター      80g
・砂糖(甜菜糖など) 50g
・卵  1/2個
・薄力粉    180g

<アーモンドクリーム>
バター 90g
砂糖        70g
卵  Mサイズ 1個
アーモンドプードル  100g
・シナモン 小さじ 1/2

<りんご>
・りんご(皮が赤いものがおすすめ) 1個
・甘酒  150g

1.
タルト生地を作ります。バターを室温に戻し、砂糖を加え、泡立て器でよく混ぜます。
卵を3回に分けて加え、そのたびによく混ぜます。最後にふるった小麦粉を加えて
さっくりと混ぜ合わせます。(混ぜる回数は少なめに)
その後、ラップに包み、冷蔵庫で30分から45分寝かせます。

2.
その間に、アーモンドクリームを作ります。室温に戻したバターに砂糖を加え、泡だて器でよく混ぜます。卵を2回に分けて加え、そのたびによく混ぜます。最後にアーモンドプードルを全て加えて、混ぜ合わせます。

3.リンゴは0.3cmくらいの薄めのサイズに縦に切ります。
薄いと、後ほどタルトの上に飾るとき、お花びらの形が作りやすいです。
甘酒をフライパンで温めて、その中にりんごをしきつめ、20分ほど弱火で煮ます。

4.
生地を0.5cmの厚さ、タルトの型より少し大きめに伸ばし、その上に逆さにした型をのせて
ひっくり返して、生地を型に沿わせ、ふちを綺麗に整えます。その中にアーモンドクリームを敷きつめ、水気をクッキングペーパーで拭いたりんごを中心から花びら状に飾ります。小さいりんごの薄切りを中心に使うと上手にできます。

5.
170度に余熱したオーブンで40分ほど焼きます。余った生地は、クッキーにして飾っても可愛いです

Usually, we use sugar to sweeten apple slices for a tart or pie but
I used Japanese Amazake (Non alcohol rice drink) to sweeten them.
You can reduce the amount of sugar for dough as the apple tastes sweet enough.

■Ingredients for  20cm  size

<Tart dough >
・Butter      80g
・Sugar (I recommend beet root sugar) 50g
・Egg  1/2 pc
・Flour   180g

<Almond cream>
Butter 90g
Sugar     70g
Egg  M size 1pc
Almond powder  100g
・Cinnamon   1/2 tsp

<Apple filling>
・Apple(Red skin apple is recommended) 1個
・Amazake  150g

1.
Make tart dough. Bring the butter to the room temperature.
Add sugar and stir it well. Add beaten egg  a little at a time over 3 to 4 times.
Stir it well in each time.  Add flour in the end and mix it roughly.
Wrap it with cling film and set it in refrigerator for 30 to 45 min.

2.
Make almond cream. Add sugar to soften butter and stir it well with the whisk.
Add beaten egg  over 2 times, stir it well in each time. Add all almond powder  and stir it.

3.
Cut the apple 0.3cm thick in lengthwise.
Warm up Amazake in the pan and put apple slices and cook it for 20min on law heat.

4.
Roll out the dough to 0.5cm thick to slightly larger than  the tart mold and line the mold.
Put the almond cream, wipe the water on the surface of apple slices and lay out them like flower’s petals form the center.

5.
Preheat the oven to 170 degree, and bake it for 40 min.
You can make cookies with leftover dough and decorate on the tart!

 

 

ほうれん草とソイチーズのカレー 

Spinach and soy cheese curry



※Followed by English translation

ほうれん草とチーズのカレー(サグパニール)といえば、ふつうはパニール と
言われる、インド式のチーズが入っていますが、たくさんの牛乳やクリームを使いますし
その上揚げたりすると、とっても高カロリー。
毎日食べたいカレーなので、
もっと軽い味わいのチーズを、大豆で作れないか?
と思いたち、作ったレシピです。

■材料 3人前

・ほうれん草      250g
・玉ねぎ 中 1個
・トマト  大 1個
・ にんにく 1 1/2かけ
・しょうが  20g
・オリーブオイルまたは米油  大さじ4
・塩   大さじ1
・コリアンダー (パウダー) 大さじ 1
・ターメリック  大さじ 1/2
・クミン(ホール) 小さじ 1と1/2
・クミン(パウダー) 大さじ 1/2
・カスメリティ  (もしあれば) 小さじ1
・唐辛子(ホール)  1個
・レッドペッパー   小さじ 1/3 〜 2/3 (辛さはお好みで)
・砂糖 小さじ1
・醤油  小さじ 1
・水 100ml

<ほうれん草を湯がくお湯に入れる>
・重曹 小さじ1
・塩 小さじ2
・砂糖 小さじ1

<ソイチーズ パニール >
・豆乳  500ml
・レモン汁  大さじ1
・酢 大さじ1
・にんにく 2かけ
・ココナッツオイル  小さじ1
・クミンパウダー 小さじ1
・塩   小さじ 1と1/2
・片栗粉   大さじ1
・片栗粉(まぶすため) 適量


1.
ほうれん草は根をきらず、根元の泥をきれいに洗う。根っこごと使う。
たっぷりのお湯を沸かし、塩を小さじ1、重曹を小さじ1, 砂糖を小さじ1を入れて
ほうれん草をゆがく。すると鮮やかな緑色が保てる。くたっとなるまで湯がいたら
冷水にとり、水気を十分にとる。水を100ml加えてミキサーにかけて、ペースト状にする。
(重曹やシュウ酸などが入っているので、茹で汁は使わない)

2.
ソイチーズを作る。豆乳を火にかけ、沸騰寸前で火を止めて、レモン汁と酢を入れる。
かき混ぜて、5分ほど置く。分離した豆乳を、布などでお湯を濾して、硬く絞る。
ホールに入れて、にんにくの絞り汁、塩、ココナッツオイル、クミンパウダー、片栗粉大さじ1
を混ぜ合わせる。厚み1.5cm程度の正方形に形をととのえ、
片栗粉をまぶして、オリーブオイルをひいたフライパンでこんがり焼く。

3.
フライパンに油をひき、温まる前にクミン(ホール)とレッドペッパーを入れる。
中強火にし、パチパチと音が鳴り始めたら、玉ねぎを炒める。
中強火のまま炒め、玉ねぎが茶色になったら、にんにくとしょうがのみじん切りを加える。
さらによく炒めたら、トマトを加えて、トマトの水分が飛ぶまで炒める。
ターメリック、クミン(パウダー)、コリアンダー、塩を加えて、さらに5分炒める。
そこにほうれん草のペーストを投入する。混ぜてから8分〜10分煮る。

4.
最後にカスメリティを手のひらでつぶし、カレーにふりかけて混ぜる。
器に盛って、ソイチーズを飾ったら、出来上がり。

■ Ingredients for 3  person

・Spinach     250g
・Onion M size 1pc
・Tomato  L size 1 pc
・ Garlic  1 1/2 cloves
・Ginger  20g
・olive oil or Rice oil  4 tbsp
・Salt  1 tbsp
・Coliander (powder)   1 tbsp
・Tarmeric    1/2 tbsp
・Cumin(whole)  1 1/2 tbsp
・Cumin (powder)  1/2 tbsp
・Fenugreek leaves  (if available) 1 tsp
・Red chili  (whole)  1 pc
・Red pepper   1/3 〜 2/3  tsp(Adjust to suit your taste)
・Sugar 1tsp
・Soy sauce  1 tsp
・Water 100ml

< For boiling spinach in the hot water >
・Baking soda  1 tsp
・Salt  2 tsp
・Sugar  1 tsp

<Soy cheese paneer >
・Soy milk  500ml
・Extract of lemon   1 tbsp
・Vinegar  1 tbsp
・Garlic  2 cloves
・Coconuts oil   1 tsp
・Cumin powder 1 tbsp
・Salt     1 1/2 tbsp
・Katakuriko(dog tooth violet starch)   1 tbsp
・Katakuriko(For flying ) As needed

1.
Wash the spinach well and boil it until it gets soft in the hot water with salt,
baking soda and sugar in it. It prevents vivid green  color fading.
After boiling, cool down  spinach in cold water and cut the water well.
Put the spinach and water in a smoother and make it paste.
(Please don’t use cooking water for spinach as it contains baking soda  and oxalic acid)

2.
Make the soy cheese. Heat up Soy milk in a pan, put lemon juice and vinegar
right before it gets boiled. Stop the heat and leave it for 5 min.
Strain soy milk with cloth strainer and wring out water well.
Put soy milk inside the bowl, add garlic juice, salt, coconut oil, cumin powder and starch
and mix it. Shape it square 1,5cm thick, coat all sides in a starch.
Heat the oil in a pan,  fry the soy cheese to golden brown.

3.
Put the oil in a pan, put cumin (whole) before it heats up.
Turn the heat  to medium to high,  when cumin starts to make sounds,
put Chopped onion and heat it until tender and golden blown.
Add chopped garlic and ginger and fry them well, add tomato and fry it again for 5 min
until water gets vaporized.
Add turmeric, cumin powder, coriander and salt and fry it well again.
At last add spinach paste.

4.
Crush fenugreek leaves in your hand, mix it in a curry.
Place the curry on a plate  and put  the soy cheese paneer on it.  Ready to serve !

 

納豆と沢庵のパスタ

Natto and takuan pasta



 

※Followed by English translation

シンプルで簡単そうな納豆パスタですが、
納豆のたれを自分で作ると、一気に味わいがグレードアップします。
納豆についているたれは、アミノ酸調味料が使われたものが多いので、
ひと手間かけて、ぜひ「自家製たれ」から作ってみてください。
納豆はひきわりがおすすめ。パスタに海苔と納豆がよく絡んで
何皿でもいけちゃいそうな美味しさです。

■材料 2人前

・スパゲッティ      180〜200g
・ひきわり納豆 3袋
・大葉   4 枚
・沢庵    30-40g
・刻み海苔  適量
・オリーブオイル もしくはバター  大さじ1
・塩   適量  (茹でる際に使用)

<納豆のたれ>
・水  大さじ2
・鰹節  5g
・米飴  小さじ2  (なければお砂糖でもOK)
・薄口醤油 大さじ2
・濃口醤油   大さじ1
・酢   数滴
・酒  小さじ1

1.
たっぷりのお湯を沸かし、塩を小さじ1入れて、スパゲッティを湯がく。
その間に、大葉、沢庵は細切りに刻み、納豆はよく混ぜておく。

2.
納豆のたれを作る。水をフライパンで沸騰させたら、鰹節を5gをパラリと入れて
火を消して、鰹節を取り除く。ボールに移し、醤油、米飴、酢、酒を入れて混ぜ合わせる。
納豆とたれを混ぜておく。
3.
湯がいたスパゲッティに、すぐにオリーブオイル(もしくはバター)を和えておく。
さらに、納豆、沢庵を混ぜ合わせる。

4.
器に盛り付けて、上から大葉、海苔、お好みで炒りごまをふったら出来上がり。

Usually, Natto pasta is simple & easy but if you want to make it stepped up,
I recommend you to make flavorful, tasty “Dashi sauce” for the pasta by yourself.
Natto has several kinds, in this recipe I use Hikiwari natto (crushed natto)
as it sticks to pasta well.

■ Ingredients for 2  person

 

・Spaghetti       180〜200g
・Hikiwari Natto 3 packs
・Shisho green leaves   4 leaves
・Takuan (yellow pickled radish)   30〜40g
・Chopped Nori     To taste
・Olive oil or butter   1 tbsp
・Salt    as needed for boiling spaghetti

<Dashi sauce for natto>
・Water  2  tbsp
・Katsuo bushi (Bonito flakes)  5g
・Komeame (Rice syrup)  2 tsp
・Usukuchi soy sauce 2 tbsp
・Koikuchi soy sauce  1 tbsp
・Vinegar  1 tsp
・Sake  1 tsp

1.
たっぷりのお湯を沸かし、塩を小さじ1入れて、スパゲッティを湯がく。
その間に、大葉、沢庵は細切りに刻み、納豆はよく混ぜておく。

2.
納豆のたれを作る。水をフライパンで沸騰させたら、鰹節を5gをパラリと入れて
火を消して、鰹節を取り除く。ボールに移し、醤油、米飴、酢、酒を入れて混ぜ合わせる。
納豆とたれを混ぜておく。

3.
湯がいたスパゲッティに、すぐにオリーブオイル(もしくはバター)を和えておく。
さらに、納豆、沢庵を混ぜ合わせる。

4.
器に盛り付けて、上から大葉、海苔をふったら出来上がり。

1.
Cook the pasta nests in boiling salted water until al dente, and drain well through a colander. Add olive oil or butter on it and dress spaghetti with oil.
While boiling the pasta, cut Ooba and Takuan thinly, Mix natto well.

2.
Make Tare (Dashi sauce) for natto.
Boil water on the pan, put bonito flakes and turn the heat off and ged rid of bonito flakes.
This is called basic Dashi.  Put  Dashi  in the bowl, add all ingredients left.
Mix Dashi sauce and natto well.

3.
Mix natto, takuan and pasta. Place the pasta on the plate and strew Ooba and Nori on the top.
Ready to serve!

醗酵食レシピ:テンペ味噌カツのサンドウィッチ

Fermented food recipe : Tempe Miso cutlet sandwich



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※Followed by English translation

お味噌って、お味噌汁以外にどんなレシピがあるのかな?
そう考えはじめて、思いついたレシピです。
甘味噌がマヨネーズと絡まって、もうひと口が止まらない、ので注意です。
テンペは、インドネシアで生まれた大豆を醗酵させた板状の食品。
お味噌は、濃くて強い味わいの、八丁味噌(豆味噌)がおすすめです。
W発酵食品で、ボリューミーだけれど、ヘルシーに。

■材料 1人前 (サンドウィッチ半切り2つ分)

・テンペ       1枚
・お好みの食パン 2枚
・キャベツ    2,3cmの厚みの量
・小麦粉もしくは米粉    50g
・卵    1個
・パン粉  50g
・揚げ油   適量

<味噌ソース>
・豆味噌  大さじ1
・白味噌(もしあれば)  大さじ1
・はちみつ  大さじ2.5〜3
・水 大さじ3
・酒   大さじ1
・砂糖 小さじ1
・白すりごま 大さじ1

<マヨネーズ>
マヨネーズ  大さじ1.5
牛乳   小さじ2

1.
テンペは、横半分にスライス、薄くしておき、塩こしょうをふっておく。
味噌ソースは、全ての材料を混ぜておく。ソースが固い場合は、水を加えて調整する。
マヨネーズも同様に混ぜておく。

2.
テンペに小麦粉をまぶし、卵にひたし、パン粉をつける。
170度の油で約2分、ひっくり返して、また2分揚げる。

3.
パンをトースターでこんがりと焼き、パン1枚の上に薄くマヨネーズ、テンペカツ、味噌ソース、
キャベツ、マヨネーズ、もう1枚のパンの順番で挟む。

4.
上から軽くおさえて半分に切ったら、できあがりです。
お好みで、マスタードを添えて、お召し上がりくださいね!

If you are looking for some different miso recipes not a miso soup,
this will be a unique option for a change of flavor.
The secret to make it crispy, don’t forget to slice the Tempe block thin.
I recommend Haccho miso (100% soy miso) as it has full-bodied flavor
and it matches to the sweetness.
Just be careful, you can not stop to bite once you start!

■ Ingredients for 1 person

・Tempe       1 block
・Slice of bread 2  slices
・Cabbage    2,3cm block
・Flour or rice flour    50g
・Egg    1 pc
・Bread crumbs  50g
・Oil for deep flying

<Miso sauce>
・Mame miso  1.5  tbsp
・Shiro miso (if available)  1 tbsp
・Honey  2.5〜3 tbsp
・Water 3 tbsp
・Sake  1 tbsp
・Sugar 2 tsp
・White ground sesame 1 tbsp

<Mayonnaise sauce>
Mayonnaise 1.5 tsp
Milk  2 tbsp

1.
Slice the tempe in half crosswise, sprinkle the salt and paper.
Shred the cabbage leaves. Mix all ingredients of miso sauce. if the sauce is hard,
add the water. Do the same with mayonnaise sauce.

2.
Dip the Tempe in flour, then egg, and then breadcrumbs, and then fry it in oil (170°)
for 2 mins, turn upside down and fry it for more 2 mins until it gets golden brown.

3.
Toast the 2 slices of bread in a toaster, spread  half of mayonnaise  sauce on one of
slice of bread. Place the Tempe cutlet, miso sauce, cabbage and mayonnaise sauce
in that order and put one more slice of bread on the top.
Serve it with mustard if you like!

2020年、つぎのステップへ

Moving on to the next step in 2020

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
みなさまは、どんな年末年始を過ごされましたでしょうか。
今年も、みなさまにとって、fruitful & Happy な年になりますように!

2020年、年が明けて早々ですが、すこしだけご報告があります。

2015年に立ち上げてから、たくさんの方々に支えられて活動して参りましたVEGANIEを
2020年、少し方向修正をしながら、さらにパワーアップしていくこととなりました。
3年前に娘を産んでから、24時間子育てに追われ、笑
インドの生産者の村を訪れることが難しい状態となり、悔しい思いをしてきました。
そして最近、エシカルファッションにこだわることなく、
自分の生活の延長線上でできる社会との関わりを突き詰めていくと
自分の毎日のルーティンである、「料理、食卓、暮らし」であることに気づきました。

特に、インド料理のスパイスや、自分の大好きな醗酵食(醤油、味噌、酢など)の魅力を
もっと国内、海外にむけて発信できないかと考えはじめました。
テーマは「Tasty (美味しい), Healthy(健康に), Hearty(心のこもった),Harmony(自然との調和)」です。
もちろんベースにはサスティナブルライフがあり、エシカルがあります。
自分のできる範囲で、フェアトレード団体、エシカルブランドなどと
「暮らしにまつわる雑貨」の商品作りも継続していく予定です。

ウェブサイトなどがきちんと整備されましたら、また改めてきちんとご報告しますが
具体的には、会社名を変更し、活動内容を修正し、秋〜冬ごろにはスタートさせていきます。
スムーズな移行のために、これからブログやSNSなどで、どんどん食にまつわる内容が増えていくことになるかと思いますが、
何卒、今までと変わらぬご支援、ご愛顧を、何卒どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

Happy new year !! I hope all of you had a wonderful holidays.

Today, I just would like to share with you about my next plan for VEGANIE in 2020.
Since 2015, I have been building so many ethical business relationships with women NGOs,
fair trade NGOs in India but after giving birth to my daughter in 2017,
it has been very difficult to keep up all of communications with producers in India and
plan field trips for interactions in villages due to my super busy days for raising a child.

So now, I have decided to make some adjustments in my business and make it
more suitable with my current life style so that I can organize in detail.
While I was super busy to take care of my child, I concentrated to cook good food for her
and one day I just realized how fermented food is delicious and healthy.
Meanwhile, I also cooked so many kind of Indian food for my friends and family and that also
made me wonder how the world of spices is deep and interesting to learn.

After experiencing these moments, I felt like that I would like to spread the charm
of “Spices” and “fermented food” to the world from Japan with a concept of
“Tasty, Healthy, Hearty and Harmony with nature”. I am planing to share my recipes and share
time to enjoy cooking with you. In addition that, I am planning to introduce some ethical /
sustainable lifestyle products co-worked with ethical brands, art-craft artisans or NGOs in Japan
or overseas as we did before. VEGANIE will be changed to a new company name too.

For a smooth transition, my blog / SNS could be more about cooking, food and table scapes
but all of these topics are connected to ethical / sustainable lifestyle as well.
I hope you can enjoy reading my blog as before.

I am so excited to share with you our new website in this year.
Thank you for your supports and reading always!

 

 

 

 

醗酵学者、小泉武夫先生から頂いたメッセージ Message from Dr.Takeo Koizumi (Agriculturist, Leading expert of zymology in Japan)



 

自然の美しさ、食卓の大切さ、娘に教えてもらうことばかり My daughter has opened my eyes to the beauty of nature and importance of good food.



 

捨てるところほどオイシイ

We are wasting the best part of vegetable

最近、食ベものに関するブログが続いているのには、理由がございます〜。

2歳児がいる今の生活では、インドに行って、村を訪ねて商品の企画や打ち合わせをすることが難しく、
自分の生活の延長線上(半径1km)でできる「エシカルやエコ」を追い求めていくと、
食(料理)にたどり着いた、というわけです。

料理なら、家族のために毎日キッチンに立っていますし、
そういう生活のマクロな視点から考える「エシカル」にも、たくさんの人間の知恵が詰まっていて、本当に面白い!

例えば、最近ふと思うのは、「食べ物って、捨てるところほど、色んな意味でオイシイんじゃないか?」ということ。
スーパーにいくと、当たり前のように大根や人参の葉っぱが切られて売られているのですが、
なぜ、下手すると食べるところよりはるかに栄養が詰まっている葉っぱを捨ててしまうんだろう?
と、感じる今日この頃です。

大根の葉でいうと、カロチンは根の部分には全く含まれてないため、葉には2000倍以上含まれているそう。
ビタミンKは約200倍。ビタミンCは約7倍。カルシウムは約2.8倍。鉄は約5倍!
こうやって比較すると、ものすごい価値のあるパーツを捨てていることがわかりますよね、、、。※

大根の葉っぱなら、細かく刻んでごま油でしらすといりごまと炒めて、ふりかけにしても美味しいですし、
人参の葉っぱなら、ミキサーで松の実とオリーブオイル、にんにく、粉チーズとかけて、ジェノバ風ソースにしても最高です。
昔は大トロなんて、誰も食べなかったので、捨てていたと言われるけれど、、、葉っぱもそのうち大人気になるかも?!



 

 

 

 

 

 

鎌倉の直売所は、葉付きの大根がたくさん売っています。



 

 

 

 

 
大根の葉っぱも一緒に蒸し野菜に。味噌ダレにつけるととっても美味しい。

I think I am writing about “food” quite a lot recently and there’s a reason for that.
With 2 years old daughter, it’s been very tough to visit villages in India
and plan for next products with producers. This current situation made me
to make an action locally to keep up my ethical / sustainable lifestyle –
and I found cooking is the best topic.
I am standing in the kitchen for cooking everyday (Sometimes all day long!),
even it’s my ordinary daily life but I realized that it contains lots of ethical / eco ideas.

To give an example, I’m wondering why we are wasting the best part of vegetable.
Speaking of Japanese white radish (Daikon), it’s so difficult to
find the one with leaves in supermarket recently but in fact those leaves have
much more nutrition than root. Leaves contains carotene approximately 2000 times than root,
200 times of VitaminK, 5 times of vitaminC.
Don’t you think it’s such a waste that we are wasting full of nutrition?

We can stir-fry Daikon leaves with Shirasu, sesame and seaweed in sesame oil, season with soy sauce ,mirin and sprinkling over rice as furikake, or we can blend carrot leaves, pine seeds, garlic, powder cheese, olive oil and salt to make Genovese (style) pasta sauce!

If you have any good cooking ideas, please let us know :))

※ 五訂日本食品標準成分表を参考

インド料理とエシカル

Indian cooking and ethical

インド料理教室に通って、はや5ヶ月が経とうとしています。
インド人の嫁として、義理の母に教わったり、日本に遊びに来た友人に教わったり、
料理本で調べたり、自分なりに色々と研究はしていたのですが、
ある日突然「壁」にぶち当たりました。

「ターメリックを入れる。コリアンダーを入れる。この料理は、アジョワンシードが良い。
それはわかった。
でも、これらのスパイスは一体何のために入れるのだろう?理由がわからない。」

という、その料理におけるスパイスのレゾンデートルが、分からない時が出てきたのです。
インド料理は、意味もなく、むやみやたらにスパイスを重ねているようで
実はそうではありません。どれもこれもドバドバ入れていると、
苦味が増したり色が悪くなったりします。

そんな折、アローラさんという70歳を超えてバリバリに料理教室をこなしている
インド人女性に出会いました。彼女はムンバイ出身で、北インド料理であり、
自分の家族が作っているベンガル料理とはまた違うのですが、
30年以上インド料理に携わっている彼女から、教えてくださることをできるだけ
吸収しようと決心したのでした。

さすが美味しんぼにも出ていたアローラお姉さん。料理のクオリティはもちろんなのですが、
一番感動したのは、彼女の料理に対する姿勢。

ざるに残っている、豆も油も一切無駄にしない。最後の一滴まできちんと鍋に入れる。
使っている鍋は、何と40年もの。懐かしの昭和柄鍋もありました。
冷蔵庫に保存していたカレーに浮いた油も捨てない。炒め油に使う。
旬のものを食べる。

その姿勢が、わたしの心を鷲掴みにしました。自分のおばあちゃんを思い出したからです。
彼女の考え方、姿勢を次の世代にバトンタッチしていくことは、勝手に自分の使命じゃないか
とまで思うほど。この教室を修了できたあかつきには、少しずつ、インド料理の楽しさを、
いろんな人に伝えたいと思っています。



 

 

 

 

 

 

アローラDi がサモサを作る様子。



 

 

 

 
 

 

 
京人参だから甘い甘い、人参のサブジ

It’s already been 5 months since I started to study Indian cooking at the school.
As a person who has got married with Indian, I have been learning Indian cooking
from my mother in law, my friends and cooking books. I was confident that
I was cooking quite well. 

But one day, my Indian cooking has reached a plateau, I just have started to get confused,
“Ok I know that this spice for chicken curry and that spice is for dal soup,
but I don’t know exactly why I am putting it. Why this food has to be seasoned by this spice?”.
It means that I knew recipes but I was not understanding recipes fully – raison d’etre of spices.

Meanwhile, I have met one lady called Arora who has been teaching Indian cooking
more than 30 years. She is from Mumbai so her cooking style and food are very different
from my family’s (Bengal food) but I thought I should learn and absorb as much as possible
that she knows and experienced.

Of course she has taught me so many eye-opening ideas for cooking
but what I was moved the most was her state of mind while she was cooking.

-No waste  – Use all oils on the bowl, sauce in a bin. Use to the last drop.
-Use things with love for a long time – Pans and pots are used more than 30 to 40 years
and she was so proud of that.
-Recycle – Even the oil floating on the gravy sauce, she does’t waste it.
She told me to use that oil for Sabji ( Fried veggies ).
-Ecology – Eat seasonal vegetables and fruits.

I can not explain how moved I was when I learned these things from her.
It reminds me of my grand mother and my current activity for ethical and sustainability!
I wish if I could share this “state of mind” and “How fun it is to cook”
to my friends and people who are interested in cooking and eating.
I would like to pass a baton to next generation.

東京アメリカンクラブ2019 11/12-14

Tokyo American Club International Bazaar 2019, 13-14th November

11月13,14日、東京アメリカンクラブにて、インターナショナルバザールが開催、VEGANIEが出店いたします。VEGANIE, Andes gift,Coloridas,Tammy’s treats,新しくaniequeも参加。
今年は総勢60以上のブランドが参加予定だそうです。この日はビジターも入場OKとなりますので、ぜひクリスマスに向けて可愛い雑貨を探しにいらしてください!
20%がTAC Women’s groupを通して、チャリティに寄付されます。

13th November : 10:00-20:00
14th November : 10:00-14:00

On 13-14th November, we will have an pop up shop at International Bazaar 2019 organized by Tokyo American Club.  You can buy ethical products of VEGANIE, Andes gift, Coloridas,Tammy’s treats and Anieque (African fabric bags). We are so excited to see you there!
20% of profit will be donated to charities through TAC women’s group.

伊勢丹浦和 1F 10/16-22

Urawa Isetan 1F 16-22th October

10/16-22まで、伊勢丹浦和 1F ザ・ステージにて、Andes giftsをはじめ、
エシカル雑貨イベントが開催されます。
お近くにお寄りの際は、ぜひお越しください!

We will have an pop up shop at Isetan Urawa 1st Floor from 16th to 22nd October.
Please come by and check out autumn / winter ethical goods to warm you up!